2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 世界の美しいお城 | トップページ | シューマンの指 »

2013年4月 7日 (日)

私が語りはじめた彼は

Watashigakatarihajimetakarewa 久々に図書館で借りた本。


三浦しをん
「私が語りはじめた彼は」

家族がありながら他の女性と付き合うこともやめられない大学教授の村川と、彼の周りの女性やその家族、そして彼らに係わることになった人々のお話。短編連作のような形になっています。
わりとドロドロというかシリアスめなお話ということと、最近本屋大賞になった「舟を編む」とかに比べると好き嫌いの分かれそうな感じはしますが、私の個人的な好みではかなり好きな方。以前読んだ短編集にもこういうテイストのものがあり、免疫があったせいなのかも。
章ごとに主人公が変わっていくのですが、どんどん破滅的な方向へ行くお話あり、途中で主人公が荒れに荒れながらも最後はそれなり落ち着いた大人になっていくお話ありという感じで、登場人物やお話の展開によっても、個人的な好みが分かれそうな気がします。

« 世界の美しいお城 | トップページ | シューマンの指 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/57106127

この記事へのトラックバック一覧です: 私が語りはじめた彼は:

« 世界の美しいお城 | トップページ | シューマンの指 »