2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『王になった男』 | トップページ | 世界の美しいお城 »

2013年4月 5日 (金)

奉納靖国神社夜桜能

Yozakuranou20130402
春恒例の靖国神社へ…
と言いたいところですが、今回は雨天のため会場が日比谷公会堂に変更。
写真はステージ上に飾られた桜。屋内ですが桜を楽しみながらの能と狂言の鑑賞となりました。


奉納靖国神社夜桜能(第一夜)
2013年4月2日(火)
日比谷公会堂にて(靖国神社能楽堂から変更)

舞囃子「高砂」 大坪喜美雄
狂言「千鳥」 野村萬斎/高野和憲/石田幸雄
能「紅葉狩」 田崎隆三/森常好 ほか

今回、舞囃子「高砂」で厳粛な気分を味わえたことや、能「紅葉狩」でお話を楽しめたことが、私の中ですごく良い時間を過ごせたなあという満足感につながりました。とくに「紅葉狩」は華やかな装束が目にも楽しく、どこか異世界で奏でられているような音楽に惹きこまれ、終盤では鬼女とそれを退治しようとする平惟茂の攻防にドキドキして…今までにないくらい集中して鑑賞できました。桜と紅葉が舞台上で一緒にあるという現実にはないシチュエーションがまた楽しかったです。
さて、私の一番のお目当ては狂言「千鳥」。大好きな萬斎さんは太郎冠者。主人に酒を買いに行くよう言いつけられ、今までのお代を払ってないので良い顔をしない酒屋をあの手この手でごまかし酒を持ち帰ろうとする…というお話。歌や舞、流鏑馬の様子を語る場面など動きが楽しくて自然に笑ってしまう大好きな曲。今回もいっぱい笑って楽しみました。
生憎のお天気でしたが、頑張って出かけて良かったです。

« 映画『王になった男』 | トップページ | 世界の美しいお城 »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奉納靖国神社夜桜能:

« 映画『王になった男』 | トップページ | 世界の美しいお城 »