2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 納棺夫日記 | トップページ | 映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」 »

2013年5月27日 (月)

文楽のこころを語る

Bunrakunokokorowokataru 図書館の本が続きましたが、これは別で。

竹本住大夫
「文楽のこころを語る」

文楽の大夫で人間国宝の竹本住大夫さんが、文楽の演目についてやご自身の体験について語られているもの。
伝統芸能の本って色々ありますが、やっぱり実際に舞台に上がっている方のお話は、実際に見たことのないものでも、そこに実際にある生身のものに感じられて、難しくて堅苦しいもの、というハードルが下がって易しく面白く感じられるので、やっぱり良いなと思います。
そして、文庫化のときに新たに収録されたという狂言の茂山千之丞さんとの対談は、芸の道を極めた方たちの真剣で興味深いお話でありながら、おふたりの語り口とかでふと笑ってしまうときがあったりして、なんだかほのぼのさせられます。
しかし…、もうこのお一人の千之丞さんは故人になってしまわれたのだなあと、寂しさも感じてしまうのでした。

« 納棺夫日記 | トップページ | 映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」 »

たべもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/57466739

この記事へのトラックバック一覧です: 文楽のこころを語る:

« 納棺夫日記 | トップページ | 映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」 »