2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 奈良土産 | トップページ | ふたつめの月 »

2013年5月16日 (木)

県庁おもてなし課

Kenchoomotenasika 映画を観る前に。


有川浩
「県庁おもてなし課」

県庁に新設された部署・おもてなし課。そこで働く若手課員の掛水が、観光特使を依頼した地元出身の作家・吉門喬介のダメだしをきっかけに、お役所仕事からの脱却と地元に観光客を呼ぶために奮闘するお話。
舞台は高知県。私の住む長野県からはとても遠いこともあり、一度も訪れたことのない県ですが、なんだかこの本を読むと行ってみたくなってしまいます。というか、とにかく旅に出たくなるかも。
狙ったわけではありませんが…、この本を読んだのが2泊3日で名古屋と奈良へ出かけている最中だったので、あまりにタイムリーというか、旅とか、タイトルにもある「おもてなし」ということだとか、色々なことを考えさせられるものがありました。
そんななかでも、有川浩さんらしく、主人公の掛水はもちろん、彼とコンビを組むアルバイトの多紀とか、作家の喬介とか、とにかく登場人物間のあれこれにキュンとしたりドキドキしたり、ニンマリしたり、なんて忙しいんでしょう。…というのは私だけなのかも(苦笑)。
映画の上映が始まっていますが…観に行くのがかなり楽しみになりました。

« 奈良土産 | トップページ | ふたつめの月 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/57392218

この記事へのトラックバック一覧です: 県庁おもてなし課:

« 奈良土産 | トップページ | ふたつめの月 »