2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 諏訪の月 | トップページ | こんぶ豆 »

2013年5月 5日 (日)

藤原道山×SINSKE「風神雷神」~尺八とマリンバによる世界最小オーケストラ~in松本

Dozansinske20130503041
今年も道山さん×SINSKEさんのツアーの季節(?)がやってまいりました(^o^)
初日は今年も松本!


藤原道山×SINSKE
「風神雷神」
~尺八とマリンバによる世界最小オーケストラ~
2013年5月4日(土)15:00より
松本市民芸術館 実験劇場にて
※特別出演:茂山千三郎/茂山逸平/鈴木実(狂言) 


ガーシュウィン/ラプソディー・イン・ブルー
ヴィヴァルディ/四季より“夏”
レスピーギ/ローマの祭りより“チルチェンセス”“主顕祭”
グノー/アヴェ・マリア
ムソルグスキー/展覧会の絵
--------------------------------------------------
さくらさくら~尺八とマリンバのための~
島唄
組曲 風神雷神
狂言「神鳴」(雷:茂山逸平、医者:鈴木実、治謡&風神:茂山千三郎)
三番叟によせて(茂山千三郎)
東風
--------------------------------------------------
BOLERO for Duo


今回、お馴染みの曲も色々あるなか、初お目見えの曲がたくさんなので、この松本でのコンサートは6回目ですが、またまた新しい曲に出会い、お馴染みの曲の魅力も再認識することができました。
すごく前に「ローマの松」を聴いたときに金管楽器がめちゃくちゃかっこいい曲!という印象があったものの、「ローマの祭り」は初めて聴きました。オーケストラver.も聴いてみたいですね。いちばん最初の「ラプソディー・イン・ブルー」とかもそうですが、初めてコンサートで聴く曲は、どんな風にアレンジされているのかな?とかどんな曲かな?というのをドキドキしながら聴きますが、これから聴く回数を重ねるうちにお馴染み感や好きな気持ちが大きくなって自分のなかで聴く楽しみや魅力を増していくだろうと思うので、これからがまた楽しみというところでしょうか。
そして、お馴染みの曲といえば…今回、私のなかで一番ぐっと来たのは「展覧会の絵」です。中盤、ちょっと暗い目の部分とかは、SINSKEさんのマリンバの音色や響きやリズムにドキドキさせられ、終盤は道山さんの尺八の音色がビシビシ胸に突き刺さるようで痺れました。久々になんだか撃ち抜かれた気分です(超おおげさ)。
道山さん×SINSKEさんの凄いところは、お馴染みの曲でも、ここでこう来る!というところにぴたりとはまる気持ちよさはもちろん、それにプラスアルファで、毎回のように進化する音色やアレンジだと思います。だから何度聴いても楽しいしやめられないんです。

そして今回、この松本のみの「風神雷神」と狂言とのコラボ。ゲストは茂山千三郎さん&茂山逸平さん&鈴木実さん。狂言というと萬斎さんばかり観ている私ですが、ここ2~3年ほど、茂山家の狂言を観る機会も少しずつ出てきたなか、とっても嬉しい企画でした。
演じられた狂言は「神鳴(かみなり)」。※和泉流では同じ読みで「雷」。
雲を踏み外して地上に転げ落ち強か腰を打った雷が、たまたま出会った医者に腰の痛みと持病の中風を治してもらうと、お代(治療費)を要求する医者に、干ばつと水害を無くし、医者を典薬の頭(かみ)にしてやろう、と約束して帰っていく…というお話。
ただ、今回はコンサートのタイトルが「風神雷神」なので、雷神(雷)と風神が雲の上で酒を呑み興が乗って太鼓を鳴らしたり風を吹かせたり踊ったりしているうちに雷神が転げ落ちたという場面があったり、雷と医者が治療のお代を巡って、道山さんとSINSKEさんを巻き込んでマレットや尺八を持って行こうとするくだりがあったり、普段狂言にはないような効果音が尺八やマリンバで加えられることによって、いつも充分楽しい狂言の、ちょっと違う楽しさも感じられて面白かったし、普段のコンサートでは見られないような道山さんやSINSKEさんを見られたのも楽しかったです。
以前、萬斎さんの狂言の会で「雷」を観た時、萬斎さんは「人間でないもの(雷)が人間らしく、人間(医者)が容赦なく鬼のように、つまり、立場やキャラクターが逆転されているところが面白いところ」とこの曲についてお話されていました。たしかに、怖そうな雷が、医者と言葉を交わしながらふと首を傾げたり相槌を打つ様子が素直で可愛らしくも感じられて、対する医者は、雷を怖がりつつも治療となると容赦なく雷の腰に鍼をうち治療のお代もビシビシ要求するので、人間の方が鬼みたいかも…(苦笑)。
この曲では、主ホールの舞台上に作られた劇場という実験劇場ならではの演出が。ステージ上の幕がすべて揚がると、その向こうには主ホールの客席が見えます。この「神鳴」では、実験劇場側を地上に、主ホール側が天界に見立て、ラストは逸平さん演じる雷が舞台を向こう側へ降りて主ホールの客席通路を駆け上がって行きます。
この劇場の構造を知っていて、サイトウキネンフェスティバルで上演された「兵士の物語」の主ホールの客席を使った演出をこの目で見たこともあるのですが、ステージの向こうにも劇場があるなんて、やっぱり何度見ても不思議でドキドキしてワクワクして感動させられてしまいます。
続いての千三郎さんによる「三番叟によせて」が幕を閉じた状態で演じられましたが、「三番叟」は種まきの所作が取り入れられていることから五穀豊穣を寿ぐ曲とも言われているそうで、そう考えると、空から雷様が転げ落ちるという現実離れしたお話に比べると現実のものという感じもして、たしかに幕を閉じるのがふさわしいという気もしました。
このあと千三郎さんと逸平さんが再び登場されました。雷が天へ帰るときの地謡は主ホールの客席に向かって謡われたそうで、そう言われてみるとお芝居やコンサートの音を舞台裏で聴いているような響きだったし、それがどこか遠くから聞こえてくる感じになって、このラストにぴったりでなるほどという気がしました。

…だいぶ長くなってきたので端折りますが、アンコールは「ボレロ」。千三郎さんによる「三番叟によせて」のときに下ろされた幕が再び揚がり、主ホールの赤い座席をバックに演奏される道山さんとSINSKEさんの姿に最後までドキドキでした。
さて。最初にしてクライマックスのような超贅沢なコンサートが終わり、少しだけさみしい気持ちもありながら、気持ちは少しずつ来週の名古屋公演へ向かっております…。こちらの会場は昨年のツアーでも聴きに行ったホールですが、とても響きが良かったので今から楽しみです。

« 諏訪の月 | トップページ | こんぶ豆 »

音楽」カテゴリの記事

能・狂言」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 諏訪の月 | トップページ | こんぶ豆 »