2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 彼は花園で夢を見る | トップページ | 八重の桜:23 »

2013年6月26日 (水)

静おばあちゃんにおまかせ

Sizukaomakase 図書館で借りた本。

中山七里
「静おばあちゃんにおまかせ」

警視庁の刑事・葛城と、法曹界を目指す大学生・円(まどか)が、色々な事件に遭遇し解決するお話。最近は読まなくなりましたが、昔は母の影響でよく赤川次郎さんの本をよく読んでいたので、なんとなく、そういう雰囲気に近いなあと思いながら読みました。
葛城は途中まで、事件を解決に導く重要なヒントを考えつくのは円本人だと思っていましたが、実は、同居している円の祖母・静(元裁判官)の助言によるもので、でもその静には驚くべき秘密があった…!というのが、最終話後半に明らかになります。よく読めばそのヒントは文章のなかにもあったし、表紙や中表紙のイラストもヒントの一つなのですが…、中山七里さんのなかではわりとソフトな印象の作品だったせいか、ついうっかり何も考えず読んでいたので、すっかり騙されましたが、ラストにホロリとさせられ楽しめた作品でした。また、中山さんの他の作品に登場する人物がちらっと出てきたりするのも楽しみの一つかもしれません。

« 彼は花園で夢を見る | トップページ | 八重の桜:23 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/57712271

この記事へのトラックバック一覧です: 静おばあちゃんにおまかせ:

« 彼は花園で夢を見る | トップページ | 八重の桜:23 »