2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 奇跡のリンゴ | トップページ | 乙女なやげり »

2013年6月18日 (火)

ガソリン生活

Gasorinseikatsu_2 だいぶ迷って、結局購入。


伊坂幸太郎
「ガソリン生活」

新聞で連載されていたのを知らなかったので、最初本屋さんで見かけたとき、伊坂さんは車のエッセイでも書かれたのかな?と思ったのですが…、車が主人公の小説で、主人公は緑のデミオ(緑デミ)。その持ち主である望月家の人々が関わることになった事件に、もちろん一緒に巻き込まれつつ、隣家の車と一緒に推理したりします。
私の愛車が赤いデミオなので親近感を覚えて気になり、とある本屋さんに置かれていたお試し版を読み、やっぱり読まねば!と手に取った感じ。
車が主人公、という変わった部分で新鮮さというか、お?と思わせるところはありますが、それはそれとして、その、車だからこそ謎になってしまって見えない部分とか、そういう見せ方の上手さに唸らされるものがあります。また、ちょっと外国の映画や小説をほうふつとさせるようなセリフ回しに、相変わらずの伊坂さん節を感じました。
そしてエピローグは事件の頃からずっと時間が経ってからのお話になりますが、きゅんとさせられて、ついつい泣けてしまいました。
この本を読むと、自分の愛車や周りの車たちもこんな感じだったりして…と想像して、なんだかウキウキさせられます。が、なんとなくですが、私のことを自分の愛車である赤いデミオがどう思ってるのか、知るのがちょっと怖いかも(苦笑)。

« 奇跡のリンゴ | トップページ | 乙女なやげり »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/57646166

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン生活:

« 奇跡のリンゴ | トップページ | 乙女なやげり »