2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 蒸発 | トップページ | 八重の桜:26 »

2013年7月 5日 (金)

写楽・考

Sharakukou 最近続けて読んでいるシリーズ。


北森鴻
「写楽・考-蓮丈那智フィールドファイルⅢ」

異端の民俗学者・蓮丈那智と、彼女に翻弄される助手・内籐三國のコンビが、周囲で起こる事件に巻き込まれつつ、その謎を解き明かすシリーズの3作目。
とはいえ、2作目の後半から加わった新しい助手・佐江由美子とか、事件解決に積極的に関わるようになってきた教務課の狐目氏とか、少しずつ雰囲気が変わってきたものが、さらにその傾向が強くなった感じなのが、この3作目。初期の、那智&三國のコンビ色が強い感じが結構好きだっただけに少し複雑に感じつつも、色々なキャラクターがそれぞれの味を出しているのも、また楽しい感じ。
…さて。このシリーズの作品で、北森鴻さんの生前に刊行されたのは、これが最後の作品となりますが、未完となっていた作品が別の方の手によって完成されたものがあと1冊あります。それを図書館で最近見つけたのが、このシリーズを再び手に取るきっかけになったので、近いうちに読むことができればと思っています。

« 蒸発 | トップページ | 八重の桜:26 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/57712771

この記事へのトラックバック一覧です: 写楽・考:

« 蒸発 | トップページ | 八重の桜:26 »