2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 相棒の帰還 | トップページ | 桜宵 »

2013年7月 8日 (月)

偉大なる、しゅららぼん

Idainarushurarabon 図書館で、だいぶ前から気になっていた本を見つけました。


万城目学
「偉大なる、しゅららぼん」

琵琶湖の近くに古くから住む、ある力を持つ一族に生まれた涼介が、高校進学をきっかけに一族の跡取り息子の淡十郎たちと関わり、琵琶湖畔の町を舞台に色々な事件が起こるお話。
万城目さんの作品を読むのは「鹿男あをによし」と「プリンセス・トヨトミ」に引き続き3回目なので、どういう感じか分かっているはずでしたが、タイトルのなかの“しゅららぼん”という言葉がなんだか面白い響きだなあというくらいしか印象がなかったので、話の展開とか色々にびっくりしながらワクワクしながら読みました。表紙のイラストにもあるような赤い学ランとか、思わず笑ったりする部分もありながら物語が進んでいくのが楽しく、何気なく過ぎていく日常のどこかで、こういうことが起こっていたら面白そう!と思います。
物語の中では、昔は琵琶湖だけではなく全国の湖の近くにこういう力を持った人がいた…と語られているので、フィクションなのに、諏訪湖にもいたかも!と読みながら思い始めたらなんだかドキドキしてきました(笑)。

« 相棒の帰還 | トップページ | 桜宵 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/57781472

この記事へのトラックバック一覧です: 偉大なる、しゅららぼん:

« 相棒の帰還 | トップページ | 桜宵 »