2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 八重の桜:29 | トップページ | 八重の桜:31 »

2013年8月 9日 (金)

八重の桜:30

もう少しで追いつきます…。


大河ドラマ「八重の桜」
第30回:再起への道

前回、降伏し鶴ヶ城を明け渡した会津の人々の、その後。
容保たちを救うために首謀者として死んだ萱野。会津はもうじゅうぶん犠牲を払ったんだから良いじゃないか…という、なんともやるせない気持ちになります。
そして、暮らし向きが厳しいことはもちろん、戦いのなか心に負った傷もあって、生きていくのはとても辛く、まだ終わっていないんだなあと思い、だからこそ、いつか薩長に報復を、との思いを抱く人もいるのでしょうが…。
米沢に移りなんとか一年間を生き抜いた八重たち一家は、次回、ようやく覚馬が生きていることを知りますが…、タイトルは「離縁のわけ」。八重と庄之助もですが、覚馬とうらも…気になるところです。

« 八重の桜:29 | トップページ | 八重の桜:31 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/57970036

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜:30:

« 八重の桜:29 | トップページ | 八重の桜:31 »