2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 八重の桜:32 | トップページ | 贅沢浪漫ラムレーズン »

2013年8月20日 (火)

八重の桜:33

今回、八重と尚之助の最後の再会。


大河ドラマ「八重の桜」
第33回:尚之助との再会

八重は、兄の勧めで、京都につくられた女学校・女紅場に勤めながら英語を学ぶ日々へ。
快活な八重が戻って来たなあという感じはしつつも、東京では朝鮮出兵をめぐって新政府が分裂の危機。
長州出身の京都府知事・槇村もその騒動に巻き込まれ、槇村を救うべく覚馬・八重が東京へ。木戸に対しての、自分たちで藩制を壊しておきながら未だに藩にこだわる考え方をたしなめる覚馬の言葉が、いちいち尤もで。藩を壊されたということでいえば、会津ほどそれを憤るのにふさわしい藩はないでしょう…。
そして八重は、東京で尚之助と再会。いつもシャキッと颯爽としていた尚之助から打って変わり、面やつれしたその姿…、なんだか三郎さん(八重の弟の方ではなく、「白い階段」で長谷川さんが演じていた主人公のニセ医者の方)みたいな感じ。
再会はしたけれど、尚之助の言葉によって別の道を歩くことになったふたり。だけど、最初の別れが突然だったから、こうしてちゃんと言葉を尽くした最後になったのは切ない結末だけど良かったかも。
尚之助の「あなたの夫になれたことは幸せだった」というところが、「あなたを妻にできたことは…」じゃないところが、八重のような人を好きになった尚之助らしかったです。

そしてこの回のラスト、アメリカで、故国・日本への思いを語る新島襄の姿。
次回、いよいよ襄が日本へやってくるということで…、尚之助がもう見られないことは少し寂しく感じながらも、新しい展開が楽しみなところ。

« 八重の桜:32 | トップページ | 贅沢浪漫ラムレーズン »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/58242756

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜:33:

« 八重の桜:32 | トップページ | 贅沢浪漫ラムレーズン »