2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 種ぬきプルーン | トップページ | 34周年 »

2013年8月24日 (土)

邪馬台

Yamatai このシリーズはこれで最後・

北森鴻・浅野里沙子
「邪馬台―蓮丈那智フィールドファイルⅣ」

明治時代に忽然と地図からその名前が消えた、阿久仁村。その村に伝わる話を書き記したと思われる本の謎、そして卑弥呼が収めたという邪馬台国の謎に、異端の民俗学者・蓮丈那智とその助手・内籐三國たちが挑む…というお話。
このシリーズ、前の3作までは短編連作の形を取っていたのが、この「邪馬台」は長編。この作品を執筆中に北森鴻さんは急逝され、公私共にパートナーだったという浅野里沙子さんがこれを引き継ぎ完成されたそうです。
このシリーズを通して、身近に昔からあるお祭りや先祖供養の方法や言い伝え、何気なく使っている言い回し、さまざまなものに存在する意味を考え始めると、なんとなく怖かったり興味深かったり、そんな色々な楽しさを知ることができたのが良かったです。
北森鴻さんの新しい作品を読むことはもう叶わないのですが…、まだ未読の作品、あらためて読み返したい作品などをこれからも折にふれて手に取っていかれれば良いなと思います。

« 種ぬきプルーン | トップページ | 34周年 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/58072366

この記事へのトラックバック一覧です: 邪馬台:

« 種ぬきプルーン | トップページ | 34周年 »