2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 古事記 | トップページ | 空の中 »

2013年9月18日 (水)

ロスジェネの逆襲(再読)

Lossjene 再読。

池井戸潤
「ロスジェネの逆襲」

半沢直樹シリーズ第3弾。
確か最初に読んだのは昨年だったと思いますが、今ドラマが話題ということで、前の2作を読みなおして、続きももう一度読んでおこう、ということで再読。
舞台は東京中央銀行の子会社である東京セントラル証券へ。
業績の思わしくないなか、IT企業・電脳雑伎集団から、ライバルの東京スパイラルを買収したいという相談を受けるが…、というお話。
主人公が半沢とはいえ、ロスジェネ世代の部下・森山の視点から半沢の印象が語られたり物語が進んだりする部分も多いので、主人公がふたりいるような感じもします。
私はロスジェネ世代なので、森山のなかにあるバブル世代に対する思いに共感する部分もありつつ、半沢のような上司に出会えることはすごく幸せなことだろうなあ…と思いつつ、でも、皆が皆、半沢のように自分の信念を貫けるかといえばそうではなく、だからこそ、読んでいて応援したくもなるし、気持ちも良いし、憧れもするのでしょうね。
さてこの半沢シリーズ、現在は続編が連載中らしいので単行本になる日を首を長くして待ちたいと思います。

« 古事記 | トップページ | 空の中 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/58236374

この記事へのトラックバック一覧です: ロスジェネの逆襲(再読):

« 古事記 | トップページ | 空の中 »