2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 百人一首 | トップページ | 犯人に告ぐ(再読) »

2013年10月 7日 (月)

八重の桜:40

今回は再び、襄と八重の学校が舞台。

大河ドラマ「八重の桜」
第40回:妻のはったり

京都府での勤めを辞めた覚馬が、新しく出来た府議会の議員に選ばれ、さらに議長にも選ばれることに。議会ができることも、覚馬のことも気に入らない知事の槇村は面白くない様子。というか、このときの選挙って、立候補するとかそういうのもなしに当選するものだったとは、なかなかびっくりさせられます。議会は立ちあがったものの、多くの人が参加する話し合いによって物事を決めるという仕組みがなかったのだから、まだまだ前途多難な様子ですね…。
一方、同志社英学校では、牧師になる卒業生が少ないとアメリカの団体からの援助が亡くなるかもしれない…と考えた教師たちによって、生徒に説明のないままクラスを合併する動きが持ち上がって、生徒は授業をボイコットする騒動に。
そこで、以前八重が生徒たちに「襄の額の傷は日本を脱出するときに役人と闘った時の傷だ」とつい強がってついた嘘を信じた生徒たちに信念を持ったところを見せようと、自分の手を杖で打ちすえて自分に罰を与える行動に出てしまいます。「悔しくてつい嘘をついてしまった」という八重はちょっと可愛らしかったけど、それがこんなことになってしまうとは…。

次回、予告を見るとみねの出番が多そうなので、少し気になるところ。

« 百人一首 | トップページ | 犯人に告ぐ(再読) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/58383817

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜:40:

« 百人一首 | トップページ | 犯人に告ぐ(再読) »