2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画「そして、父になる」 | トップページ | たれぱんだ2014 »

2013年10月23日 (水)

シャイロックの子供たち(再読)

Shairockchildren 図らずも、再読。

池井戸潤
「シャイロックの子供たち」

舞台は銀行のある支店。そこで起こった現金紛失事件をめぐって、その裏に存在するある事件が次第に明らかになってくる…というお話。
現金紛失が起こる前の二話を読むと、あれ?このまま登場人物がリンクしながら短編風にで進むのかな?と思わされるのですが、途中からは、現金紛失の謎が明らかになりそうでならない、というもどかしい気持ちで先へ先へと読み進めることに。そして、事実が全部明らかになったように見せながらも、最後の最後にゾッとするホラーのように、読み手に想像させるような終わり方…。
お世辞にも爽快とは言い難い読後感ですが、それでもなんだか心に残る作品でした。

最初に“図らずも”と書いたのは、実はこの作品、母から借りて読みましたが、以前図書館で借りて読んだことをすっかり忘れていたからです。本の感想をこのブログで遡っていて、すでに読んだ本だということに気づきました。自分の記憶力に疑いを持ってしまいます…。

« 映画「そして、父になる」 | トップページ | たれぱんだ2014 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/58465876

この記事へのトラックバック一覧です: シャイロックの子供たち(再読):

« 映画「そして、父になる」 | トップページ | たれぱんだ2014 »