2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« クリスマス・リーステンプレート | トップページ | 八重の桜:50(終) »

2013年12月15日 (日)

七色の毒

Nanairono 図書館で見つけたもの。

中山七里
「七色の毒」

中山七里さんの他の作品にも登場する犬養刑事が主人公の、7つの事件が起こる短編集。
ひとつひとつのお話のタイトルやお話は、それぞれに色がモチーフになっていて、まさかその人がそんな風に暗躍していたとは(もしくはそんな悪意を抱えていたとは)、というような展開になっていきます。
この作品の中で、主人公の犬養は、普通の生活を続けていくことは実は結構大変なんだ、と語る部分がありますが、同じくこの作品の中で、ごく善良に生きているように見える登場人物が、なんらかの過去や誰かへの恨みや妬みや失望などをきっかけに、ごく普通の生活から転落していくのを見ていると、どんな人にもあるネガティブな感情が魔が差したとしか思えない状態で“毒”に変化して、周りの誰かや自分自身を滅ぼす、それは恐いけどとても簡単に起こってしまうことなのかも…と感じて、恐ろしくなります。
ちょっと怖いな…と感じつつも、犬養はこれからも作品の中で見ていきたい魅力的なキャラクターなので、これからもシリーズになったり、他の作品に登場したりする機会があると良いなあと思いました。

« クリスマス・リーステンプレート | トップページ | 八重の桜:50(終) »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/58715444

この記事へのトラックバック一覧です: 七色の毒:

« クリスマス・リーステンプレート | トップページ | 八重の桜:50(終) »