2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 成城石井 | トップページ | 玉村警部補の災難 »

2013年12月12日 (木)

現代に生きる日本の伝統楽器

Dentowakando 今年聴く最後のコンサートはこちら。


東京発・伝統WA感動
和の魅力発見シリーズ Traditional+
Vol.4 現代に生きる日本の伝統楽器
2013年12月8日(日)16:00より
スパイラルホールにて

ナビゲーター:小沼純一
尺八の演奏・曲解説:藤原道山

鶴の巣籠/中尾都山
寒月/中尾都山
甲乙/山本邦山
空/藤原道山
-----------
トーク 藤原道山×一ノ瀬響×小沼純一
ブレスジェネシス/一ノ瀬響


今年最後は、私らしく(?)道山さんで…(苦笑)。
ナビゲーターの方がいらっしゃったり、初演の作品があってその曲についてのトークコーナーがあったり、普段よく行くコンサートとは違う部分もありましたが、道山さんの演奏はいつもと同じく素晴らしくって、とくに古典をはじめとして尺八の音色をたくさん堪能できる曲が多かったのが嬉しかったです。
一ノ瀬響さんによる「ブレスジェネシス」は、泉から水が湧き出すみたいに色々な音が生まれていくような感じで、緊張感があって、不思議な空気感。難しいことはよく分からないながら、こういうのも面白いなあ…と思いました。
さて…いつもの年だったら、最後の最後に古武道忘年会というコンサートで一年が終わる、というのが恒例でしたが、今年は大阪での開催ということで泣く泣くあきらめました…。そんなわけで、なんとなく張り合いのない年末を迎えそうな予感もしますが、今年もあと少し、良い年の瀬を迎えるべく過ごしたいものです。

« 成城石井 | トップページ | 玉村警部補の災難 »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代に生きる日本の伝統楽器:

« 成城石井 | トップページ | 玉村警部補の災難 »