2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ビロウな話で恐縮です日記 | トップページ | ソチ五輪① »

2014年2月 7日 (金)

狐闇

Kitsuneyammi シリーズものの2作目。

北森鴻
「狐闇」

店舗を持たない骨董商“冬狐堂”の名を持つ宇佐美陶子が主人公の、冬狐堂シリーズの2作目。1作目では贋作騒動とその中で起こった殺人事件に巻き込まれた陶子。今回は、骨董市で競り落とした青銅鏡がいつのまにか別の鏡とすり替わっていた…という出来事をきっかけに、大変な災難に遭遇し骨董業者の鑑札まで失ってしまうという窮地に立たされながらも、罠を仕掛けた相手に向かっていくお話。
自分の巻き込まれたトラブルをなんとかひとりで解決しようと奮闘する陶子の潔く強い反面頑なさな部分を歯痒くも感じてしまいますが、そういう状況のなか、彼女を助けようとする人々が集まって話し合いが始まっていくところに、なかなかワクワクさせられます。なかでもとくに別シリーズで異端の考古学者として登場する蓮丈那智との共演(?)は、北森鴻さんの作品が好きな私としてはドキドキさせられ、北森さんが急逝されなければ、この先、この二人ががっつりタッグを組んだ作品がもっと読めたのかもしれない…と思うと残念でなりません。
とはいえ、こういう「じつはこういうことが本当にあったんじゃないか?」と思わされるような、歴史上の人物や出来事が登場するお話が好きなので、楽しんで読むことができました。

« ビロウな話で恐縮です日記 | トップページ | ソチ五輪① »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/59073443

この記事へのトラックバック一覧です: 狐闇:

« ビロウな話で恐縮です日記 | トップページ | ソチ五輪① »