2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« てなもんやシェイクスピア | トップページ | タクミくんシリーズ① »

2014年3月24日 (月)

軍師官兵衛:12

今回、官兵衛の息子、松寿丸の旅立ち。

大河ドラマ「軍師官兵衛」
第12回:人質松寿丸

秀吉の播磨出兵が決まったものの、そのために信長は播磨三家それぞれに人質を差し出すよう要求。
小寺からはお殿さまの息子である斎(いつき)を出すはずが…斎の病弱を理由に日を延ばすうち期日が過ぎてしまい、またもや窮地に立たされる官兵衛。どうも、最初は仮病(?)だったものがもともと病弱な斎は本当に病で伏せってしまった模様…。
そこで官兵衛は自分の息子である松寿丸を人質とすることに。妻の光は大反対。官兵衛が信長を裏切ることはなくても、あのブレブレの小寺のお殿さまが信長から寝返って松寿丸の命がなくなるかもしれないと思ったら、反対ももっともな気がします。
言い争い意見の食い違う父と母。そんななか自ら人質になることを申し出る松寿丸。その健気さにホロリとさせられる反面、相変わらず小寺のお殿さまにイライラさせられる回でした…(個人的に)。

さて…次回もイライラさせられるらしいです。

« てなもんやシェイクスピア | トップページ | タクミくんシリーズ① »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/59589185

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛:12:

« てなもんやシェイクスピア | トップページ | タクミくんシリーズ① »