2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 3月の観たい映画 | トップページ | 軍師官兵衛:9 »

2014年3月 2日 (日)

ビブリア古書堂の事件手帖5

Biburia5 続けて読んでいるシリーズ最新巻。

三上延
「ビブリア古書堂の事件手帖5~栞子さんと繋がりの時~」

前巻ラスト、ついに大輔は栞子に自分の想いを告げたものの、返事をしばらく待ってほしいという栞子と、待つ大輔。そこに持ち込まれるいくつかの本にまつわる依頼…。姿はないのにあちこちで影の見え隠れする母・智恵子の存在にもやもやさせられ、怖さを感じずにはいられない展開。
そして終盤、いずれ母のように家族を捨ててしまうかもしれないという不安を抱く栞子への大輔の言葉…、びっくりだけどその手があったか!と妙に納得。
…とはいえ再び不穏な空気が漂うラストで、この先が非常に気になります。

Biburia_2 Biburia2_3 Biburia3 Biburia4_2

おまけ。
5巻を読む前に、久しぶりに1巻から通して再読。少しずつ近づいていく栞子と大輔の関係がもどかしくドキドキさせられ、忘れていたりうろ覚えだったエピソードもあったので良い復習になりました。
あらためて読んでみると、登場する本の中で、以前読んだときとは違う本が読んでみたいなあと感じたりして、読む側の自分に変化が生じているらしい…と気付かされ考えさせられました。

« 3月の観たい映画 | トップページ | 軍師官兵衛:9 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/59260656

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖5:

« 3月の観たい映画 | トップページ | 軍師官兵衛:9 »