2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 軍師官兵衛:12 | トップページ | タクミくんシリーズ② »

2014年3月25日 (火)

タクミくんシリーズ①

Takumi1 Takumi2
昔から読んでいたこのシリーズ。
今年ついに完結したので最初から読みなおしています。
その記録をここで少しずつまとめていきます。


ごとうしのぶ
タクミクンシリーズ
「そして春風にささやいて」
「カリフラワードリーム」

1作目は主人公である託生とギイが高校2年生になったところから。
託生の過去のお話とか、おぼろげながら語られる1年生の頃の託生の境遇とか…結構重いエピソードが多いながら、物語の動き出す感じや、ふたりの気持ちが寄り添っていく感じにドキドキさせられます。そして、託生とギイはもちろん好きだけど、ギイの相棒である章三のクールに(たまには苦々しく)ふたりを見守る様子もやっぱり好きですね。
2作目は、このシリーズで祠堂の生徒ではないけど重要なキャラクターであるバイオリニスト・井上佐智が登場。そして祠堂のなかでは柴田先輩に森山先輩に大橋先生と、この先にも登場する重要なキャラクターも登場してきて、ここからの展開を思い出しながら読むのが楽しくなってきます。
また、今になって読んでみると文章のリズムや言葉の選び方がだいぶ独特だなあということに気付かされて興味深く感じられて、そこもまた面白いですね。
それにしても、初めて読んだ頃から思えば20年が経とうとしているなんて…自分の年齢がとても恐ろしいです…(苦笑)。

« 軍師官兵衛:12 | トップページ | タクミくんシリーズ② »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/59432363

この記事へのトラックバック一覧です: タクミくんシリーズ①:

« 軍師官兵衛:12 | トップページ | タクミくんシリーズ② »