2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 軍師官兵衛:9 | トップページ | でーれーガールズ »

2014年3月 4日 (火)

ピカルディの薔薇

Pikardhinobara
津原泰水
「ピカルディの薔薇」

前作ではフリーター(?)だった猿渡がここでは作家になり、再び不思議な事件に遭遇する短編集。表題作は、猿渡が出会う人形作家の青年の、なんというか…ホラーのような雰囲気と幻想的な部分と狂気的なものが混ざり合っている不思議なお話でした。
前作によく出てきたような、伯爵とのコンビでのあちこち出かけるような雰囲気が好きだったので、あまりそういうお話がなかったのはちょっと残念だなあと思いつつも、それぞれのお話は怖いと思いつつも心惹かれるものがあり面白かったです。
この作品、三浦しをんさんの書評集に紹介されていたのを読んで手に取りましたが、そのきっかけがなかったら読んでいなかった気がするので、こういう世界に触れられたのは良い経験でした。

« 軍師官兵衛:9 | トップページ | でーれーガールズ »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/59260550

この記事へのトラックバック一覧です: ピカルディの薔薇:

« 軍師官兵衛:9 | トップページ | でーれーガールズ »