2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 追憶の夜想曲 | トップページ | 軍師官兵衛:14 »

2014年4月 6日 (日)

軍師官兵衛:13

今回、またもや!のイライラから…。

大河ドラマ「軍師官兵衛」
第13回:小寺はまだか

官兵衛の息子・松寿丸が人質になったことで(まあこれも織田家に着いてからも色々あったわけですが)、秀吉がいよいよ播磨へやってくることになり官兵衛は秀吉に姫路城を明け渡し、三家の当主が挨拶にやってくる段になって、腰を上げない小寺のお殿さまに焦りを感じる官兵衛。
半兵衛の助言によって秀吉を密かに小寺の御着城に連れていくことを思いつき、しかも秀吉は毛利攻略のため、官兵衛が秀吉のもとでしばらく働くことまで認めさせることに成功。これは秀吉が人たらしだからというのもあるし、小寺のお殿さまがもともと流されやすくその場の雰囲気で物事を決める癖があるところにもってきて秀吉が突然訪ねてきたせいもあるでしょう…。
とにもかくにも秀吉のもと、半兵衛と官兵衛の「両兵衛」が揃ったところでこの回は終わり。
次回は戦によって敵同士に分かれてしまう光と力の姉妹のお話…。

« 追憶の夜想曲 | トップページ | 軍師官兵衛:14 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/59590206

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛:13:

« 追憶の夜想曲 | トップページ | 軍師官兵衛:14 »