2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 「金閣寺」in赤坂ACTシアター(アフタートークつき) | トップページ | にほんごであそぼ »

2014年4月20日 (日)

金閣寺

Kinkakujibook お芝居の予習として久しぶりに。

三島由紀夫
「金閣寺」

昭和25年、金閣寺が放火されるという実際に起こった衝撃的な事件をもとに、犯人の青年僧が犯行に至るまでの“告白”というスタイルで書かれた作品。
主人公の青年僧・溝口が、吃音がもとで人間関係が上手く築けないせいなのか、ずいぶん屈折していたり思い込みが激しく、自分にないものを持っている(もしくは持っていそうな)人や物に対する憧れや尊敬、依存が大きくて、そういう存在は自分のことをなんでも見通してくれる…と思ってしまうところに、ちゃんと伝えないと分からないでしょう…と何度も思わされ、もどかしく鬱々とさせられました。
そんなわけで、読んで楽しい気持ちになったりスカッとする部分はほとんどありませんが、それでも、三島作品らしい文章や言葉の美しさに久しぶりに触れることができたのは良かったです。ただ、言葉の難しさに時々投げ出したくもなりましたが…(苦笑)。
これを機会に、また三島作品に触れる機会を作れたら良いなと思います。

« 「金閣寺」in赤坂ACTシアター(アフタートークつき) | トップページ | にほんごであそぼ »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/59498553

この記事へのトラックバック一覧です: 金閣寺:

« 「金閣寺」in赤坂ACTシアター(アフタートークつき) | トップページ | にほんごであそぼ »