2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 珈琲屋の人々 | トップページ | ドイツ・オーストリア »

2014年7月10日 (木)

だりや荘

Dariyasou 図書館で見つけた本。

井上荒野
「だりや荘」

交通事故で亡くなった両親の後を継いでペンションを経営することになった夫婦、杏と迅人。そしてそこに同居する杏の姉、椿。3人を中心にしたお話。
図書館で本を借りるとき、あらすじをあまり知らずに選ぶことが多いので、実はこんなドロドロとしたお話とは知らなかったのでちょっとびっくりし、なんとも言えない息苦しさが漂う空気感から早く脱したい思いで読み進めました。
個人的には迅人がいちばん受け入れ難い人物だったかもしれません。外で奥さん以外の人と堂々と会っていて、それだけでも大丈夫かなあと心配になるくらいなのに、それを周囲が変に…というか事実通りに受け取っていると気付かないとは、迂闊というか自信過剰というか。
もっと痛い目に遭ったら良いのに!と思わず黒いことを考えてしまいました…。

井上荒野さんの作品を読むのはこれが初めてでしたが、自分に合う作風なのかまだ良く分かっていないというか、自分のなかでも決めかねているところがあります。
機会を見つけて他のものも読んでみて見極められたら良いなと思います。

« 珈琲屋の人々 | トップページ | ドイツ・オーストリア »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/59991103

この記事へのトラックバック一覧です: だりや荘:

« 珈琲屋の人々 | トップページ | ドイツ・オーストリア »