2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画「グランド・ブダペスト・ホテル」 | トップページ | 村田エフェンディ滞土録 »

2014年7月19日 (土)

瑠璃の契り

Rurinochigiri 好きな作家さんの、最近読んできたシリーズ。

北森鴻
「瑠璃の契り」

店舗を持たない骨董商・旗師〝冬狐堂〟こと宇佐美陶子が主人公の連作短編。
このシリーズを読むと、美術や骨董の世界って深入りすると恐ろしく感じ、私には、テレビのお宝鑑定番組を気楽に見たり、美術館や博物館でガラスケースの向こうにあるものを眺めてるくらいがちょうどいいなあと思ってしまいます。
そして最後の「黒髪のクピド」に出てくる「あの人形が、なぜ作られねばならなかったのか」というところが、いかにも北森鴻さんだなあという表現。
短編集全体を見渡すと、この「黒髪のクピド」がこの一冊のなかでは分量的にも内容的にもメインに当たるのですが、表題を「瑠璃の契り」にしているのはとても興味深いです。陶子にとってはとても大事な友人であり仕事仲間である硝子に関するエピソードで、これはこれで心惹かれる内容ではありますが、思わず手に取りたくなるような字面や言葉の美しさが感じられるタイトルなので、細かいことかもしれませんが、そこが絶妙だなあと思います。

作者である北森鴻さんはすでに亡くなられていて、いくつものシリーズはもう新しいものを読むことが叶いません。それはとても残念なことなのですが、これからも、好きな作品は度々読み返したり、まだ読んでいない作品に挑戦したりする機会が作れたらと思います。

« 映画「グランド・ブダペスト・ホテル」 | トップページ | 村田エフェンディ滞土録 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60086581

この記事へのトラックバック一覧です: 瑠璃の契り:

« 映画「グランド・ブダペスト・ホテル」 | トップページ | 村田エフェンディ滞土録 »