2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 軍師官兵衛:31 | トップページ | ハーモ美術館 »

2014年8月10日 (日)

軍師官兵衛:32

今回、お父さんの最期。

大河ドラマ「軍師官兵衛」
第32回:さらば、父よ!

官兵衛が毛利との和議の仕上げに取り掛かっている頃、秀吉は自分に従う様子を見せない家康を相手に戦を仕掛け、小牧長久手の戦いで敗北。それでも家康を討つべしとする石田光成と、家康よりも四国・九州攻めを優先するべしとする官兵衛は対立する…という展開。
一時、官兵衛を遠ざけるかのような動きを見せた秀吉。その、官兵衛の先が見えすぎるところや手際の良すぎるところを恐ろしく感じる気持ちはすごく分かります…。
そして、かつて信長に対し謀反を起こした村重(今は道糞あらため道薫)が秀吉のお伽衆に加わることになり、なんだか気になる感じ…。なんともモヤモヤします。
さて今回は、官兵衛の父・職隆が、孫の長政が新しく任された領地で苦労していることを心配しつつ、静かに息を引き取ることになりました…。
息子・官兵衛が、長く有岡城に幽閉され生死も分からない状態になったり秀吉の軍師として忙しいために、家督を譲った後も苦労が絶えない年月が続いたことを思うと、最後には、播磨が落ち着きを取り戻し安らかな日々を過ごしている様子があったのは、せめてもの救いのような気がしました。

次回、官兵衛はキリシタンになることを考え始めるらしいのですが…どんな展開が待っているのか、ハラハラします…。

« 軍師官兵衛:31 | トップページ | ハーモ美術館 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60151662

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛:32:

« 軍師官兵衛:31 | トップページ | ハーモ美術館 »