2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 仮面同窓会 | トップページ | 家守綺譚 »

2014年8月21日 (木)

生きるぼくら

Ikirubokura
最近気になっていた本を図書館で見つけました。

原田マハ
「生きるぼくら」

引きこもりだった主人公の人生(じんせい)が母の失踪をきっかけに父方の祖母が住む蓼科を訪れる…というお話。
人生が引きこもるきっかけになった梅干しの話や祖母からの年賀状の真実などのエピソードに胸を打たれ、あり得ないほど泣けてしまいました…。上手く行きすぎな部分もないわけではありませんが、お話のなかくらいは出来過ぎでもいいのでなないかと思います。
自分の住む茅野、そして、大好きな東山魁夷さんの「緑響 く」のモチーフだからということで最近訪れたばかりだった御射鹿池など、すぐ頭のなかに思い描けるものがたくさん登場するのも良かったです。
私が東山魁夷さんを好きだと知って勧めてくださった方がいてこの本に出会うことができました。最近、原田マハさんの作品はいくつか読んでいますが、勧めてくださる方がいらっしゃらなければ読むのは当分先になっていた気がするので、いま読む機会があったことに感謝したい気持ちです。

Mishakaike201407071_2
おまけ。作品に登場する御射鹿池。
緑とそれを映す水面の美しさに心惹かれます。

« 仮面同窓会 | トップページ | 家守綺譚 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60173210

この記事へのトラックバック一覧です: 生きるぼくら:

« 仮面同窓会 | トップページ | 家守綺譚 »