2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 生きるぼくら | トップページ | & »

2014年8月22日 (金)

家守綺譚

Iemorikitan

図書館で借りた本。

梨木香歩
「家守綺譚」

湖でボートを漕いでいて行方不明になった友人・高堂の両親から家の守りを頼まれた主人公・綿貫が様々な不思議に遭遇する日々のお話。不思議なことがたくさ ん起こるのに、それがだんだん普通に思えてくるところが不思議ですが、そんななかで、季節の移り変わりやその美しさも感じられるのがとても良い感じです。
これは、以前読んだ「村田エフェンディ滞土録」で主人公の村田がトルコに滞在している同時期くらいの日本での、彼の友人である綿貫や高堂の登場するお話なのですが、どちらのお話もなかなか面白かったので、続編の「冬虫夏草」も機会を見つけて読んでみようと思います。

« 生きるぼくら | トップページ | & »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60221306

この記事へのトラックバック一覧です: 家守綺譚:

« 生きるぼくら | トップページ | & »