2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ルソーの夢 | トップページ | 軍師官兵衛:40 »

2014年10月 5日 (日)

軍師官兵衛:39

官兵衛、隠居へ…?

大河ドラマ「軍師官兵衛」
第39回:跡を継ぐ者

ついに茶々が懐妊。おねに「母親の気鬱はお腹の子どもに障るので気ままに過ごす」と言っていましたが…今までも充分勝手気ままだったと思いますが…(苦笑)。と思っていたら、おねの侍女マグダレナが私の思ったのと同じことを言ってくれたのでちょっとスッキリ(?)。
一方秀吉のお伽衆への「次に天下を取るのは官兵衛」という言葉を家康から伝え聞いた官兵衛は、家督を息子の長政に譲り隠居することを決意。官兵衛が父の職隆から家督を譲られたときと本当にそっくり。親子そろって、主人の心を不安にさせるほどの才覚を持ったということでしょうか…。
三成は官兵衛が隠居し秀吉のそばを離れてほしいようですが、秀吉としては、不安はありつつも手元に置いておかないのはそれはそれで不安なので味方につけておきたい、というところもありそうな感じ。
色々な不穏な動きはありながら、家督を譲られることになった長政をきびしく激励する妻の糸とのやりとりや、もうじゅうぶん大人な長政の盛装した様子を見て「立って一回りしてみせなさい」というおねとのやりとりとか、なんとなく心温まるものがあります。このドラマでは長政は官兵衛という主人公を父に持ち苦しむ面を見せつつも、こうしたほのぼのした場面を演じる役回りでなかなか楽しませてくれます。
さて次回、家督は譲りつつも隠居は許されなかった官兵衛、今度は関東へ。この先も気になるところです。

« ルソーの夢 | トップページ | 軍師官兵衛:40 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60427663

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛:39:

« ルソーの夢 | トップページ | 軍師官兵衛:40 »