2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ギフト | トップページ | 軍師官兵衛:41 »

2014年10月12日 (日)

妻が椎茸だったころ

Tsumagashiitakedattakoro

タイトルのインパクトで手にとりました。

中島京子
「妻が椎茸だったころ」

突然亡くなった妻が予約していた料理教室に出かけることになった主人公のお話(表題作)ほか、不思議な雰囲気のお話ばかりの短編集。どれもちょっともやっとした感じで終わる…というか、なんとなく読んでいるなかで、ちょっと変わった人が登場したり、変わった言動が飛び出したりして、置いて行かれそうになるのを頑張って追いついて、これはどういうことだろう…と考えるとき、脳のなかの、いつもの読書とは違う部分が動いている気がしました。
このお話のなかに出てくる料理がどれも美味しそうでしたが、私は、表題作で椎茸を甘辛く煮ようと奮闘した末に主人公が発した「おまえたち、戻ったのか!」という独り言のところがいちばん好きです。甘辛く煮た椎茸を想い浮かべ、よだれが出そうになります…(苦笑)。

« ギフト | トップページ | 軍師官兵衛:41 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60376575

この記事へのトラックバック一覧です: 妻が椎茸だったころ:

« ギフト | トップページ | 軍師官兵衛:41 »