2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 百舌の叫ぶ夜 | トップページ | 陰陽師(漫画版)① »

2014年10月22日 (水)

陰陽師(再読)①

Onmyoujinovel1 Onmyoujinovel2

凄く凄くひさしぶりに再読のシリーズその①

夢枕獏
「陰陽師」
「陰陽師 飛天の巻」

十数年ぶりの再読。安倍晴明と源博雅が様々な不思議な出来事に出会うお話。結構難しいことを喋ってる晴明と博雅ですが、何だかんだで仲が良くてニンマリしてしまいます。
このなかでは「黒川主」が怖いしちょっと気持ち悪くもあるのですが、いちばん好きなお話。
また、ふたりはしょっちゅう話しながらお酒を口にするので、読んでいると自分も飲みたくなってきます(苦笑)。
この作品を最初に読んでから、映画で晴明を演じた萬斎さんのことを知って狂言やお芝居を観に行ったりするようになったり、そうこうするうちに道山さんのことを知ったりしたので、実はこの本に出会わなかったら今の私がいなかったかもと思うくらいの、私にとってはとても大事な作品ということで、ここ1年くらい読書熱が高まっていたなかで読み直したいとずっと思っていたところ、ようやくそれが叶いました。
これから、機会を見つけて続きも読んでいこうと思います。

« 百舌の叫ぶ夜 | トップページ | 陰陽師(漫画版)① »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60471394

この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽師(再読)①:

« 百舌の叫ぶ夜 | トップページ | 陰陽師(漫画版)① »