2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 軍師官兵衛:43 | トップページ | 深淵のガランス »

2014年11月 3日 (月)

軍師官兵衛:44

今回、ますます老いの影が濃くなる秀吉。

大河ドラマ「軍師官兵衛」
第44回:落ちゆく巨星

謀反の疑いを受けた秀吉の甥・秀次。如水の助言を受け謀反の気持ちがないことを申し出、一度は命が助けられる展開になりかけたものの、それを不服に思う茶々は秀吉の不安をあおり、秀次を切腹させ、その一族までも命を奪うことに…。秀頼が天下人になるのに障害となる人物はいなくなったわけですが、この後の茶々と秀頼の行く末を思うと、自分が誰かにしたことはいつか返ってくるのだなあ…と思わずにはいられません。
そして、朝鮮とは和睦が進むかと思われたものの、秀吉の一言によって二度目の朝鮮出兵が決まってしまうという展開。なんだか納得がいかない気もしますが、天下人にはもう誰も逆らえないのですね…。
次回はとうとう秀吉が亡くなるようですが、その前に今回、かつて如水とは敵対関係にあり今は互いに認め合う仲になっていた小早川隆景が亡くなります。如水に遺した言葉に、相手を思う気持ちが感じられぐっとくるものがありました。
さて…次回からは再びの乱世が本格的になる模様。朝鮮行きを止められた熊之助の取った行動がどんな結果になるのかも気になるところ。

« 軍師官兵衛:43 | トップページ | 深淵のガランス »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60774940

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛:44:

« 軍師官兵衛:43 | トップページ | 深淵のガランス »