2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ボロニヤ(オレンジ) | トップページ | 陰陽師(漫画版)② »

2014年11月27日 (木)

花宵道中

Hanayoidouchu

ずっと気になっていて、ようやく。

宮木あや子
「花宵道中」

江戸時代の色街・吉原の遊女やその周りの人々が主人公の短編連作。
どの人も悲しさややるせなさを抱えていて、ひとつひとつ物語を読み進めるうち、前の物語ではさらっと登場するだけの登場人物の抱えるものが明らかになって、空気がどんどん濃密になっていくように感じられて、この世界の虜になっていきました。
この作品のことを知ったのは、大好きな三浦しをんさんの書評集で紹介されていたからですが、すごく読みたいと思ったのにそのときにはどうしても図書館でも本屋さんでも見つけられず、映画公開を前にしてようやく手に取ることができました。
なかなか読むことができず、それまでに図書館で借りることのできた宮木さんのほかの本を借りたりして、ぐるぐる遠回りをしましたが、そのぶんほかの楽しい作品にも出会えて、この遠回りも無駄ではなかった気がします。

« ボロニヤ(オレンジ) | トップページ | 陰陽師(漫画版)② »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60769527

この記事へのトラックバック一覧です: 花宵道中:

« ボロニヤ(オレンジ) | トップページ | 陰陽師(漫画版)② »