2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 花宵道中 | トップページ | 万能鑑定士Qの事件簿② »

2014年11月28日 (金)

陰陽師(漫画版)②

Onmyoujicomic4 Onmyoujicomic5 Onmyoujicomic6

漫画版再読その②

岡野玲子
「陰陽師」④⑤⑥巻

夢枕獏さんの原作があるとはいえ、この辺りからはずいぶん岡野玲子さんが描く安倍晴明と源博雅、そして陰陽師の世界、そのカラーが濃くなってきて、少し難解になってきています。
というわけで、晴明は不思議な世界を持っている人という感じで、美しいけど近寄りがたい印象ですが、博雅はまっすぐで愛すべきキャラクターで、身近な存在とまでは言いませんが、とても親しみやすくて、博雅の笛の音が自覚のないままに不思議な出来事を招くきっかけになったりするところが、とても好きなところ。博雅のような秀でた才能はなくても、音楽好きな人間にはとても共感できるところがたくさんあります。
そして、漫画版のオリジナルキャラである真葛が、やっぱり生意気だけど可愛いところがたくさん見られるのも良かったです。とくに博雅から贈られた雛人形に喜ぶ様子は非常に可愛らしくてキュンとします。そして、その遊び方はまさに真葛らしく笑わせてくれるところもなかなか良かったです。
さて、少しずつ難解にはなってきていますがさらに読み進めていこうと思います。

« 花宵道中 | トップページ | 万能鑑定士Qの事件簿② »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60769629

この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽師(漫画版)②:

« 花宵道中 | トップページ | 万能鑑定士Qの事件簿② »