2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 軍師官兵衛:47 | トップページ | ボロニヤ(オレンジ) »

2014年11月25日 (火)

シュトイデ弦楽四重奏団with藤原道山in名古屋

Dozanshutoidenagoya20141123

11月、2度目の名古屋訪問。

シュトイデ弦楽四重奏団with藤原道山
2014年11月23日(日・祝)13:30より
愛知県芸術劇場コンサートホールにて

シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」
-----------------------------------
ドビュッシー:無伴奏フルートのためのシランクス(パンの笛)
バッハ:管弦楽組曲第2番より
古典本曲:虚空
モーツアルト:オペラ「魔笛」より
フォーレ:ピエ・イエズ「レクイエム」より
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲
-----------------------------------
大島ミチル:La Festa
藤原道山:東風


道山さんとシュトイデ弦楽四重奏のコンサート、2回は聴きたくなるだろう!ということで、東京公演のほか、こちらもチケットを確保しておりました…。
まず最初はシュトイデさんたちによるシューベルトから。繊細なところもドラマチックに盛り上がるところも、どちらも魅力的で素敵で、結構長い曲だったような気がするのに、あまりそれを感じませんでした。
そして道山さんとカルテットの共演。やっぱりこの組み合わせ大好きです。静かな曲も、激しい曲も、どちらも音楽に触れる楽しさや喜びを堪能できてとても幸せでした。ずっとずっと聴いていたいくらいでした。またいつか、このコンサートを聴きたいです。
今回のツアーは東京と名古屋の2公演を聴いたのですが、演奏曲目や演奏順などがだいぶ変わっていて、同じコンサートでも違う印象があって、その変化も楽しめて良かったです。
また、名古屋では名古屋でしかお目にかかることのできない方にもお目にかかりお話できたし、このコンサートが私にとっては今年最後に聴くコンサートだったので、最後に楽しく過ごせて良かったです。

« 軍師官兵衛:47 | トップページ | ボロニヤ(オレンジ) »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュトイデ弦楽四重奏団with藤原道山in名古屋:

« 軍師官兵衛:47 | トップページ | ボロニヤ(オレンジ) »