2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 増えるアルコール | トップページ | トムヤムクンヌードル »

2014年12月22日 (月)

軍師官兵衛:50(終)

ついに最終回。


大河ドラマ「軍師官兵衛」
第50(最終)回:乱世ここに終わる

家康と三成による関ヶ原の戦いの機に乗じて九州で兵を挙げた如水。
九州を制覇したのち、関ヶ原で勝ち残った方に戦いを挑むという目論見は、関ヶ原での戦いがたった一日で方が付いたことで崩れ去ることに…。
軍師として、武将として、素晴らしい才能を発揮してきた如水ですが、新たな時代を作る波に乗った家康や、その家康のもとでどっちつかずの態度を示していた小早川の調略を担う如水の子・長政など、新しい力に負けてしまった…という形。
でも、そういう人々に後を託すことができた如水はある意味幸せだったのかもしれません。
ただ…父に認められたい一心で勇み足などの多かった長政を諌める立場だった又兵衛は、結局長政と対立し出奔、大坂城での戦いで豊臣方で戦い討ち死にしてしまいます。
もっと早く、如水が長政を認めているということを面と向かって伝えられていたら、違う結末になったんじゃないか…という気がしてしまいました。

今年一年、戦国時代をちょっと違った場所から眺めて考えることができたのはとても貴重な体験で、今まで知らなかった戦国時代の人々について知ることもできたのもとても良かったです。現代とは違う価値もたくさんあるなか、共通する処世術、人間関係の難しさや人とのつながりの尊さなどを考えさせられもしました。
来年の大河ドラマは「花燃ゆ」。幕末の長州の女性が主人公とか。ここ最近だけでも幕末を扱った大河ドラマは今までにいくつか見てきましたが、長州から見た幕末という作品は初めて見るので、ちょっと興味深いですね。

« 増えるアルコール | トップページ | トムヤムクンヌードル »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60843417

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛:50(終):

« 増えるアルコール | トップページ | トムヤムクンヌードル »