2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 東山魁夷館平成26年度第Ⅳ期常設展示「茶色の落葉」 | トップページ | 七つ屋志のぶの宝石匣 »

2014年12月 4日 (木)

信濃美術館「手塚治虫×石ノ森章太郎マンガのちから」

Manganochikara1

これも滑り込みセーフ。

信濃美術館
「手塚治虫×石ノ森章太郎マンガのちから」
※2014年10月4日(土)-12月7日(日)

手塚治虫さんと石ノ森章太郎さん。ふたりの作品と足跡をたどる展示。
おふたりともマンガの世界を代表する方ですが、実はそれほど多く作品を読んだことがあるわけではなかったので、初めて知るようなこと、初めて見る作品もたくさんあって、興味深く観ることができました。また、いまでも知られていたり、続いている作品などが多いことを見ると、たしかに、おふたりが作品やマンガというジャンルで世の中に大きな影響力をもたらしたことを強く感じさせられました。

Manganochikara3 Manganochokara2_2
展示物は基本的に写真撮影禁止ですが、いくつか撮影可能な場所がありましたので、すかさず撮影。
左は展示室入口のアトムの人形。そして右は、展示室内に再現された手塚さんと石ノ森さんが暮らしたトキワ荘。こういう実物っぽいものを目にするとワクワクします。

今までなかなか目にする機会が少なかったおふたりの作品ですが、これを機会に作品に触れることができたらいいなと思います。

« 東山魁夷館平成26年度第Ⅳ期常設展示「茶色の落葉」 | トップページ | 七つ屋志のぶの宝石匣 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60773174

この記事へのトラックバック一覧です: 信濃美術館「手塚治虫×石ノ森章太郎マンガのちから」:

« 東山魁夷館平成26年度第Ⅳ期常設展示「茶色の落葉」 | トップページ | 七つ屋志のぶの宝石匣 »