2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 浦霞 | トップページ | 花燃ゆ:2 »

2015年1月11日 (日)

株価暴落

Kabukabouraku

年をまたいで読んだ本。

池井戸潤
「株価暴落」

大手スーパー一風堂で連続爆破事件が起こり、もとからの業績悪化に加え客足は遠のき株価は下がり続けるなか、メインバンクの白水銀行の社員で一風堂を担当する板東と、事件を捜査する警視庁の刑事である野猿がそれぞれに真犯人とその目的に迫って行くお話。
なかなか事態が好転せずジリジリさせられてからの逆転劇はお約束。とはいえラストは少し駆け足のうえ余韻を残す終わり方だったので、もう少し先まで読みたかった気がするのと、タイトルが違っていたらお話の展開に対して違う印象がありそうな気がしました。
;そして、細かいところですが預金口座の明細から暮らしぶりを推測するところが興味深くて面白いです。とはいえ、興味本位で調べられても困りますが(苦笑)。

« 浦霞 | トップページ | 花燃ゆ:2 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60948844

この記事へのトラックバック一覧です: 株価暴落:

« 浦霞 | トップページ | 花燃ゆ:2 »