2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« あらすじで読むシェイクスピア全作品 | トップページ | 三谷幸喜のありふれた生活 »

2015年1月22日 (木)

エデンの果ての家

Edennohatenoie

ちょっと暗めなお話。

桂望実
「エデンの果ての家」

母を殺した犯人として弟が逮捕された主人公・和弘が、弟を信じたい気持ちと疑う気持ちを行ったり来たりしながら進む物語。
このお話のなかで様々な謎の部分に関わっている弟は、どういう気持ちで父や母と接していたんだろうとか、本当に犯人だとしたら動機はなんだろうとか、噛み合わない親子の気持ちにイライラしたり鬱々としがちだったのにも関わらず、色々なことを考えながら読み進めるのは、案外楽しかったです。
そして、主人公の語る子どもの頃の記憶の断片。そこには「自分は両親に弟ほど可愛がられていなかった」という思いが表れているけれど、子どもの頃の記憶の曖昧さや、親が子供を思ってする行動には色々なものがあって、兄弟であっても同じようには接しないものなのかも…というようなことを考えさせれました。

« あらすじで読むシェイクスピア全作品 | トップページ | 三谷幸喜のありふれた生活 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/61006019

この記事へのトラックバック一覧です: エデンの果ての家:

« あらすじで読むシェイクスピア全作品 | トップページ | 三谷幸喜のありふれた生活 »