2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 仙台ぐらし | トップページ | あらすじで読むシェイクスピア全作品 »

2015年1月20日 (火)

ビブリア古書堂の事件手帖6

Biburia6

三上延
「ビブリア古書堂の事件手帖6~栞子さんと巡るさだめ~」

今回は1巻の「晩年」をめぐる騒動の続きで丸ごと太宰治。
栞子が大輔に語ってくれる太宰さんは、駄目駄目でどうしようもないけど人間臭くて憎めないなあと思います。実は太宰作品はほとんど読んだことがないのですが、こうしてたくさん太宰作品が扱われたお話を読んでいると、なんだかそれだけで作品を読んだかのような気分になってきます。
それはそうと、今回は本当に、現在にも過去にもプレミアのつく古書に目の色を変えて様々な行動を起こす人々がたくさん登場するところが怖かったです。今回の事件はいちおう決着したものの、驚きの人間関係が見えてきたラストで、またまた続きがとても気にな るところ。
このシリーズはあと1冊か2冊で終わるらしく、それは少しさみしいのですが、できることならスッキリして終わってくれればいいなあと思います。

« 仙台ぐらし | トップページ | あらすじで読むシェイクスピア全作品 »

「本」カテゴリの記事

コメント

「ビブリア古書堂の事件手帖」ってシリーズモノなので
読んだことないんですけど、実在する本が
使われてるんですねー。
太宰治好きなのでどんな風にストーリーに絡んでるのか気になります…笑

あさひなさん
ああ…シリーズ物ってちょっと手を出しにくいですよね^^;
このシリーズは全部実在の文学作品を扱っているのですが
栞子は太宰大好きな人なので作品や人生についてたくさん語ってるので
いままで読んだことのない作品も手に取ってみたくなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/60960212

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖6:

« 仙台ぐらし | トップページ | あらすじで読むシェイクスピア全作品 »