2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 江戸の美きものデザイン | トップページ | 三びきのやぎのがらがらどん »

2015年2月23日 (月)

花燃ゆ:8

今回のメイン(?)は久坂さん。

大河ドラマ「花燃ゆ」
第8回:熱血先生、誕生

獄から出ることはできたものの蟄居の身で出歩くことのできない寅次郎に、文は、家で塾を開いたら…と言い出しますが、なかなか塾生となってくれる人は現われません。
そんななか、医者の息子でありながら武士になりたいと思い学問を志す久坂玄瑞から寅次郎に手紙が届きますが、寅次郎の書いた返事は玄瑞を怒らせるものだった…ということで、それからしばらく寅次郎と玄瑞のアツい手紙のやり取りが(苦笑)。
それにしてもやっぱり、寅次郎は人をひきつけてやまない人なんだなあという気がします。
寅次郎の手紙に怒った玄瑞が杉家に乗り込んできた騒ぎをきっかけに、寅次郎のもとに人が集まるようになり…、いよいよ物語が大きく動き出しそうな雰囲気。
そして次回のメインは高杉晋作。私のなかでは高杉晋作というと、今回は吉田寅次郎(松陰)の伊勢谷友介さんの演じた2010年の大河ドラマ「龍馬伝」でのイメージがまだ根強く残っているので、まだ混乱しているところではありますが…、次回、高良健吾さん演じる高杉晋作に期待したいところです。

« 江戸の美きものデザイン | トップページ | 三びきのやぎのがらがらどん »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/61180664

この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ:8:

« 江戸の美きものデザイン | トップページ | 三びきのやぎのがらがらどん »