2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 梁塵秘抄 | トップページ | 図書準備室 »

2015年4月 6日 (月)

共喰い

Tomogui

初めて読む作家さん。

田中慎弥
「共喰い」


17歳の主人公と、その父、それから2人をとりまく女性たちのお話。なんとも言えない鬱々とした感じになかなか読み進められず苦戦したのですが、家族とか血の繋がりについてなど、いろいろな思いがよぎる作品ではありました。
個人的には、表題作よりも「第三紀層の魚」の方が、小学生の主人公・信道と祖母や曽祖父と関わり方など、好きな部分があるなあと感じるお話でした。
田中慎弥さんのことは、芥川賞受賞の時の発言が話題になったというくらいしか知らず、普段から他の芥川賞系の作家さんの作品も含めて読み慣れていないこともあって、だいぶ苦戦はしましたが、他に気になっている作品があるので、とりあえずあと1冊ほど試しに読んでみようと思っています。  

 

« 梁塵秘抄 | トップページ | 図書準備室 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/61176152

この記事へのトラックバック一覧です: 共喰い:

« 梁塵秘抄 | トップページ | 図書準備室 »