2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ランチのアッコちゃん | トップページ | 日本史の森をゆく »

2015年6月 9日 (火)

中陰の花

Chuinnohana

不思議なお話。

玄侑宗久
「中陰の花」

表題作は、禅宗の寺の住職である主人公が、幼い頃から身近にいた拝み屋ウメの最期に接し体験した出来事のお話。あの世というものがあるのかどうかは私自身には分からないことではありますが、作中に出てきた、供養は遺された側のためにあるという考え方が良いなと感じました。
そして、以前我が家の法事に来ていただいたことのある禅宗のお寺の方も、同じようなことをおっしゃっていたのを思い出し、私はあまり仏教の宗派のことはよく分かりませんが、禅宗の考え方の一端をなんとなく理解することができた気がしました。
表題作、それからもうひとつの「朝顔の音」はともに、重いお話という感じがしましたが、文章にあまり湿り気がなくカラっとした印象があり、案外読みやすかったです。

« ランチのアッコちゃん | トップページ | 日本史の森をゆく »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/61428356

この記事へのトラックバック一覧です: 中陰の花:

« ランチのアッコちゃん | トップページ | 日本史の森をゆく »