2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« あぽやん | トップページ | 花燃ゆ:30 »

2015年7月26日 (日)

愛の挨拶

Ainoaisatsu

音楽でつながる人の絆。

本岡類
「愛の挨拶」

妻を突然亡くした主人公の仁科が、妻のヴァイオリンと共演するため通っていたピアノ教室の面々とともに、行きがかり上関わることになったビルマ(ミャンマー)人家族の窮状を救うために動きつつ、妻の死や生前の姿を知ろうとしていく、というお話。
大人が通う音楽教室がひとつの舞台となっているので、主人公の仁科はもちろん、様々な理由でそこに集まる人々のエピソードそれぞれに興味を惹かれます。なかでも、仁科たちを教える美佐先生の元教え子の男の子のエピソードにぐっときました。人は、いつかこの世からいなくなる時がくるけれど、その人のことを覚えている人がいれば、別の形でこの世に存在し続けるのかもしれません。
途中、話が広がって行くのかなあと思ったエピソードがそこだけで終わってる、みたいなところがいくつかあったので、そこは少し残念な気もしましたが、最終的には、仁科が妻の遺したものを知ることができ、良いラストになっていたと思います。

« あぽやん | トップページ | 花燃ゆ:30 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/61682552

この記事へのトラックバック一覧です: 愛の挨拶:

« あぽやん | トップページ | 花燃ゆ:30 »