2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 【新釈】走れメロス他四篇 | トップページ | 女王国の城 »

2015年8月 4日 (火)

一分間だけ

Ippunkandake

悲しいお話。


原田マハ
「一分間だけ」

愛犬リラとの出会いから別れまでのお話。
リラの健気さにとにかく泣かされます。リラに対する主人公の藍の気持ちや言動には身勝手さが見えて驚き、ひどいなあと胸を痛める反面、その完璧じゃないところに人間らしさを感じたり、病気になったリラとひたむきに向き合う姿と、仕事と看病に疲れていく藍の周囲の様々な人の優しさに、最後の方は、とにかくずっと泣きながら読みました。
原田マハさんの本は、どれを読んでもたいてい泣くポイントがあるので、今回もそうだろう…と覚悟はしていましたが、思った以上に涙腺を刺激される作品でした。

« 【新釈】走れメロス他四篇 | トップページ | 女王国の城 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/61709017

この記事へのトラックバック一覧です: 一分間だけ:

« 【新釈】走れメロス他四篇 | トップページ | 女王国の城 »