2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 日本の美を求めて | トップページ | 花燃ゆ:35 »

2015年8月29日 (土)

太陽の棘

Taiyounotoge


原田マハ
「太陽の棘」

終戦後間もない頃のアメリカ占領下の沖縄での、アメリカ軍の軍医エドが偶然出会った沖縄の若き画家たちとの交流。
画家たちの暮らすニシムイで軍医のエドやアランが画家のタイラたちとすごす夢のような楽しい時間と、アメリカ軍がいることで起こる辛い出来事ややるせない思い。様々な感情に翻弄され、最後は泣きながら読み終わりました。
このお話は、実話がもとになった物語で、モデルになったアメリカ人医師と肖像画と日本人画家の自画像が表紙と裏表紙に使われています。物語に触れてからこの絵を見るとまたさらにぐっとくるものがありました。
戦後70年という節目の年、沖縄の基地のことが取りざたされていたり、様々なニュースに触れる機会があるせいもあってか、色々なことを考えさせられる作品でした。

« 日本の美を求めて | トップページ | 花燃ゆ:35 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/62000564

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の棘:

« 日本の美を求めて | トップページ | 花燃ゆ:35 »