2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 今昔物語集 | トップページ | 日本の美を求めて »

2015年8月27日 (木)

さんすくみ(完結)

Sansukumi10_2

大好きなシリーズが完結。

絹田村子
「さんすくみ」全10巻

神社の息子・恭太郎、お寺の息子・孝仁、教会の息子・工。
仲良し3人組が活躍(?)するドタバタしつつもゆる~い雰囲気が楽しい、いつまでも続くかと思われたこのお話にも、工と孝仁が留学や仕事で海外へ行くことになり、一人取り残されたような気分の恭太郎にも新たな節目の時が訪れます。
いつまでも同じままではいられないのは当然のことながら、それでも続く友情がとてもいいなと感じさせられ、なんでもお揃いだった3人がそれぞれの道を歩いて少し大人になって再びお揃いになったラストにほっこりしました。
このシリーズは奈良が舞台ということで、背景には奈良の市街地などの風景が描き込まれているのですが、2年前に奈良へ旅してからは知っている場所が出てくるたびいつもワクワクしながら見ていました。このシリーズは終わってしまいましたが、前回のとき見て回れなかったところもたくさん残っているので、またいつか奈良に行きたいですね。

« 今昔物語集 | トップページ | 日本の美を求めて »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/61840355

この記事へのトラックバック一覧です: さんすくみ(完結):

« 今昔物語集 | トップページ | 日本の美を求めて »