2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 花燃ゆ:42 | トップページ | 大奥二人道成寺 »

2015年10月20日 (火)

陰陽師(小説)⑤

Onmyoujinovel9 Onmyojinovel10

続けて読んでいるシリーズその5。

夢枕獏
「陰陽師 夜光杯ノ巻」
「陰陽師 天鼓ノ巻」

安倍晴明と源博雅が登場するシリーズ9作目。基本的に短編がいくつかで1冊のスタイルではありますが、この巻は今まで読んだ中でも短いお話がたくさんでテンポよく読めた感じでした。「月琴姫」や「龍神祭」それから「無呪」などで、博雅が、主に音楽の分野でですが、自覚なく周りに影響を及ぼすところがたまらなく好きでした。
それにしても「食客下郎」の最後の晴明と博雅の会話がこそばゆくて悶えます。
そして10作目。この巻は蟬丸の出番がずいぶん多い巻だったなあという感じ。琵琶の音と笛の音、蝉丸と博雅のふたりが奏でる楽器の音色が聴こえてくるようです。このなかでは「器」「逆髪の女」「ものまね博雅」が好きでした。このシリーズの、怖いというよりも哀しさを感じる部分がとてもよく感じられました。

« 花燃ゆ:42 | トップページ | 大奥二人道成寺 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/61710844

この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽師(小説)⑤:

« 花燃ゆ:42 | トップページ | 大奥二人道成寺 »