2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 図書館戦争シリーズ(小説) | トップページ | 図書館戦争SP »

2015年10月11日 (日)

レインツリーの国

Raintreenokuni


図書館戦争シリーズ再読とともにこちらも。

有川浩
「レインツリーの国」

ネット上で、昔好きだった小説をきっかけに知り合った伸とひとみ。
惹かれ合いながらも噛み合わなかったりしている様子を見ながら、自分が悩んだり苦しんだりしているときは自分がこの世の中で一番辛くて誰も分かってくれないし分かるはずがないと思いつめたりするし、逆に、そういう気持ちを誰かからぶつけられると、悩んだり苦しんだりしてるのはあなただけじゃないんだけどなあ、と釈然としなかったりするなあ…というようなことを考えたりしました。
独りよがりだったりウーンと思うところがいっぱいあるふたりですが、そういう登場う人物の不完全さも、この作品の魅力のひとつなのかもしれません。

さて。この本、図書館戦争シリーズでは、2巻の「図書館内乱」のなかの「恋の障害」というお話のなかで登場する本でもあります。この本の内容が、読んだ人と読むようにすすめた人を巻き込んで事件に発展するというお話。このシリーズのなかでも好きなエピソードのひとつです。
そして、このお話も近々映画が公開になるとかで、そちらも楽しみです。

« 図書館戦争シリーズ(小説) | トップページ | 図書館戦争SP »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/62443397

この記事へのトラックバック一覧です: レインツリーの国:

« 図書館戦争シリーズ(小説) | トップページ | 図書館戦争SP »